鎌田さゆり お喋り部屋3 2014.7.1〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 誇りをもって

<<   作成日時 : 2017/12/02 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

現憲法を
誇りを
もって
その合理性を
もっともっと
理解していきたい。

昨晩は、事務所の政策担当菅沼氏が
タピオ大学で、憲法24条を中心とした
講演に出席し、以下所感を報告を受けました。

今から71年前日本の新しい憲法を制定するためにGHQから要請されて、女性の権利に関する条項を若干22歳の若さで起草しました。ベアテさんが起草した条項は現行憲法24条として成立しました。

泉のタピオでの講演会があり、『吉野作造通信』を発行する会の

永澤先生がベアテさんの人と仕事についてお話くださいました。

日本国憲法24条1項は

「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」

2項は「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。」

今では、男女平等は世界的にみてあたりまえかもしれませんが、日本ではまだまだ不十分な状態です。

とりわけ政治分野では、取り組みが遅れています。女性国会議員数は2017年の統計で世界129位です。

男女共同参画をこれからも進めていかなければと思います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
女性だから優遇されるとかないんだよ。優秀であれば、男も女も関係なし。それが理想で、劣ってるから出世できないんだよ。勘違いするな!
はあ?
2017/12/02 17:17
こういう老人ばかりの集まりでは、新しい社会性の実現は乏しいと思います。主催者の自己満足ですな。
あと。
2017/12/02 17:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
誇りをもって 鎌田さゆり お喋り部屋3 2014.7.1〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる